「今、面白い本を読んでいます」

最近、家に帰ってから暇すぎて、本を読むようになりました。今は歴史の本を読んでいます。世界歴史は私にとって非日常だからか思っていた以上に面白いです。

歴史を語るには宗教は絶対に外せないようで、とても詳しく書いてあります。偏見もなく、著者の個人的な意見はありませんが、時々、「ここまで書けば混乱したでしょう」と読み手を困らせることがあって、吹き出してしまいます。

たとえばA人の定義です。歴史上ではA人=A教であり、A教に改宗したからといってA人になれるものではないそうです。

現代では「A教です」と断言するA人は少ないらしく、私が思っていた以上にその理由が複雑でした。A人だからといってA教とは限らないし、そして、そのA教の中でも厳格に教えを守る人とそうでない人もいます。

その団体が認めているのかはわかりませんが、A教ではないけどA人もいるそうです。何をもってA人とするのか定義が難しいことだけはわかりました。

著者の「混乱したでしょう」の言葉で笑ったほどです。読めば読むほど歴史を理解するには時間がかかります。当時と現代、国も違うし、それぞれの価値観があるのでその背景を考えると否定も出来ません。

自分の目で見ていないのも理解に苦しむ原因の一つだと思います。逆に言えば、見ていないからこそ想像するしかなくミステリアスで面白いのかもしれません。

もう少しで終わりそうなので楽しみです。スウィープホワイト

「今、面白い本を読んでいます」

あまり天気が良くないので

休みあけの日は、お洗濯物がたくさんたまっています。昨日の夜にサボっていた私がいけなのですけど。たまった洗濯物を終了させてしまいたかったのですが、あいにくカラっとしないお天気。

外に干しても中々乾きそうにもありません。そんな時の私の裏技は、近所の大型コインランドリーの乾燥機使用です。大型コインランドリーというと、シーツや毛布など大型の物を洗いに行くというイメージですが、私は時々大型の洗濯乾燥機で、一気に溜まった洗濯物を片付けます。

干す手間もないし、高温の乾燥機で衣類もバスタオルもフカフカに仕上がるのがとても気持ちいいんです。もちろん、お外に干して太陽で乾いた洗濯物も気持ちがいいのですが、コインランドリーの仕上がりもそれに負けませんよ。

洗うのは自宅の洗濯機を何回も回し、大きなランドリーバックに詰めて持って行きます。行きは洗濯物が濡れていて重たいのが辛いですが、フカフカになって帰り軽くなります。

後は帰ってタンスにしまうだけ。どんよりとしたお天気なので、午後からはゆっくりお昼寝してしまいそうです。デブ菌とヤセ菌とは?

あまり天気が良くないので

おまわりさんとランチタイム

今日のランチは、新富町の首都高速脇の警視庁高速道路交通警察隊新富分駐所食堂におさ邪魔しました。
ビルの入り口の駐車場には、黄パトや白黒の警察車両が、、、片隅にAランチ 生姜焼き、Bランチ サバの味噌煮の案内が。

共に540円と値段はまずまず何も悪いことはしていませんが、警察でランチはなかなかハードルが高い!私はランチしにきただけなんだと言うアピールも含めて入り口の守衛さんにランチできますか?と言うとバッチを付けて7階へどうぞと案内されました。

入口にはビュッフェと書いてあるのでビュッフェスタイルであることがよくわかります。
あの見慣れた(そんなことないか?)制服に身を包んだおまわりさん達に混ざってトレイに別料金と思われるサラダを取って、前に並んでいるおまわりさんは、「カレー大盛り」と注文してぶつを受け取るとお金を払っているので真似して「鯖味噌普通」と注文しランチにありつきました。

味はそこそこでしたが、ハラハラのランチタイムでした。60万袋突破!酵素サプリメント

おまわりさんとランチタイム

トレーニングについて

勉強をしました。サッカーやバスケットボールのような身体接触をともなうスポーツと、バレーボールやテニスのような身体接触をともなわないスポーツでは、要求される戦術におおいに差異が生じます。

このような合理的な戦術をしっかり理解し、実際にゲームのなかで実行できることが大切です。実際には体を動かさないで、頭のなかで運動をしているイメージを思い描くことによって、運動技能を高める練習法をメンタルプラクティスといいます。

また、自信をもって競技にのぞむことができるように、試合前に実際の競技場面を思いうかべて、心理的コンディションを整えることをメンタルリハーサルといいます。

メンタルプラクティスとメンタルリハーサルをあわせたものが、イメージトレーニングです。また、メンタルトレーニングやメンタルマネジメントという用語があります。

これらは、スポーツの場面で、最高の能力を発揮するために必要な心理的側面を高め、自分で精神状態を管理できることをめざしておこなわれるトレーニングです。www.thatpatenttool.com

トレーニングについて

国際スポーツなどについて

勉強をしました。国際スポーツと民族スポーツは、このように性格が異なります。グローバリゼーションがもたらす世界の標準化の流れのなかにあらわれたのが国際スポーツとすれば、民族スポーツは反対に、民族文化を尊重する考えのなかに生まれたスポーツといえます。

グローバリゼーションとは、ある地域に限定されたことがらが地球規模でおこなわれるようになる現象のことをいいます。国際スポーツによって異文化の人と人とが交流し、民族スポーツによって異文化の存在を知ることができるのです。

このように国際スポーツと民族スポーツは国際理解を深めるうえで、とても重要な働きをしています。ブズカシ(中央アジアの諸民族)とは、馬に乗って羊の胴体をボールがわりに奪いあってゴールまで運ぶことを競います。

いわば、騎馬ラグビーです。ドラゴンボートレース(中国)とは、へさきに龍の飾りつけをした細長いボート(ドラゴンボート)のレースのことをいいます。イビサクリームで黒ずみを美白化する

国際スポーツなどについて